胆・膵班

臨床グループは、上部消化管下部消化管消化器腫瘍肝臓胆膵消化器内視鏡と6つの班に分かれて外来・病棟業務、臨床研究に取り組んでいます。いずれの臨床グループにも経験豊富な専門医が多数そろっており、症例も多岐にわたります。病棟業務は専門スタッフ、卒後5-7年目消化器内科医師、後期および初期研修医、医学生で屋根瓦のチームをつくり患者さんの診療にあたっています。


胆・膵班

特徴

 膵・胆道疾患の診療は、肝胆膵クラスターとして各診療科(消化器内科、消化器外科、放射線診断科、病理診断部、腫瘍センター、内視鏡センター)と共同で行っています。合同カンファレンスも定期的に開催され、そのため単独の診療科ではあまり経験されないような希少疾患からCommon Diseaseまで、幅広い疾患を対象としていることが特徴です。ERCPやEUSを用いた内視鏡的検査・治療手技も数多く経験することができます。膵・胆道分野の指導医、リーダーとなれる医師を育成することを目標としています。


対象疾患

腫瘍性疾患

膵癌、嚢胞性腫瘍(IPMN、MCN、SPN、SCNなど)、胆嚢癌、胆管癌、胆管細胞癌、十二指腸乳頭部腫瘍など

良性疾患

胆石、総胆管結石、胆嚢炎・胆管炎、慢性膵炎、急性膵炎、自己免疫性膵炎、原発性硬化性胆管炎など


診療実績

主な診療実績

胆膵班対応の入院患者 400件(2016年度、のべ人数)
内訳 悪性疾患(109件)胆管炎(63件)膵炎(64件)胆嚢炎(37件)乳頭部腫瘍(16件)

主な胆膵内視鏡実績

ERCP.jpg

術後腸管に対する小腸内視鏡下ERCP (2016年:34件)
超音波内視鏡下穿刺吸引術 (2016年:88例)
超音波内視鏡下瘻孔形成術 (2016年:13例26回)

スタッフ

現在胆膵班はスタッフ3名と専修医・大学院生7名で構成されております。

岩崎栄典(いわさきえいすけ)
消化器内科・専任講師
2001年 慶應義塾大学医学部卒
消化器内視鏡学会指導医・専門医、内科学会専門医、消化器病専門医、肝臓専門医
専門領域:胆膵内視鏡治療、画像診断
コメント:胆膵班の責任者として胆膵領域の様々な疾患の診断・治療および臨床研究に取り組んでいます。若手の先生の臨床・内視鏡指導に力を入れています。

福原誠一郎(ふくはらせいいちろう)
内視鏡センター・助教
2006年 慶應義塾大学医学部卒
消化器内視鏡学会専門医、内科学会専門医、消化器病専門医、肝臓専門医
コメント: 胆膵疾患を中心に、消化器全般も幅広く担当しております。若手の先生方とともに胆膵診療だけでなく様々な内視鏡処置を含めて指導いたします。

清野隆史(せいのたかし)
予防医療センター・助教
2008年 慶應義塾大学医学部卒
コメント:超音波内視鏡による診断治療を得意としています。基礎研究として、佐藤俊朗准教授の研究室にて組織幹細胞やがん細胞を培養する新技術「オルガノイド」と呼ばれる三次元培養法を用いた研究をすすめております。

胆膵班の教育

 
accutouch.jpg 当科では入局1年目(原則医師5年目)に消化器内科における専門分野の配属を決定します。消化器内科医としての内視鏡の修練、消化器臨床のマネジメントをおこないながら、胆膵内視鏡に触れ、胆膵疾患患者さんの診療に携わりはじめます。稀な疾患や難易度の高い内視鏡治療、緊急内視鏡時の対応まで幅広く学ぶことができます。胆膵内視鏡を専門とするには高レベルの技術力が要求されます。経験のある上級医の手技を見学し十分なトレーニングを積みながら、段階的に胆膵内視鏡や超音波内視鏡検査、処置などの技術も身に付けます。丁寧な指導を心がけており、研修者の技術に合わせて内視鏡の指導をおこなっています。
 内視鏡シミュレーター・アキュタッチでの練習や、年3-4回、院内ハンズオンセミナーを開催しています。また、胆膵班では入院患者さんの検討、内視鏡治療予定の討論、術後の評価、胆膵内視鏡を中心とした勉強会を毎週水曜日に開催しています。外科、放射線科との合同カンファを木曜日におこなっています。
 胆膵疾患への造詣を深めるため、各種学会への参加・発表を積極的に推奨しています。他の施設の胆膵専門医との交流を深め、自施設のみでの狭い知見に偏らず、グローバルな技術や知識を身に付けられるように心がけています。

基礎研究

  

 基礎研究については、時代の先端を担う魅力的なテーマに取り組んでいます。胆膵班の大学院生を選択された先生は胆膵疾患に関わる疾患を対象として、消化器内科基礎研究グループに所属して研究に邁進しています。具体的には下記のような研究を中心に行っております。
・再生グループにおいて膵再生、膵腫瘍の個別化医療の基礎研究
・肝臓免疫グループにおいて胆道系疾患の基礎研究
・システム情報医学教室において膵再生、神経再生の基礎研究

臨床研究

 

 また、臨床研究にも力を入れています。臨床研究をメインとした臨床系大学院(4年間)に入学していただき、基礎的な疫学・統計学の勉強から開始します。現在2名の臨床系大学院の先生が所属しており、院内のクリニカルリサーチセンターや希望診療科での研修をローテートしながらスキルアップを図り臨床研究の立案と実施を進めています。関連病院との豊富なネットワークを活かした多施設共同研究も可能であり、研究の基盤は整っています。消化器内科医としての臨床経験、胆膵内視鏡のスキルアップを図りながら、同時に一生応用することが可能な臨床研究の力を身に着けたい先生はぜひ入学を検討してください。