下部消化管班

臨床グループは、上部消化管下部消化管消化器腫瘍肝臓胆膵消化器内視鏡と6つの班に分かれて外来・病棟業務、臨床研究に取り組んでいます。いずれの臨床グループにも経験豊富な専門医が多数そろっており、症例も多岐にわたります。病棟業務は専門スタッフ、卒後5-7年目消化器内科医師、後期および初期研修医、医学生で屋根瓦のチームをつくり患者さんの診療にあたっています。



下部消化管班

特徴

下部消化管疾患の診療は、各診療科(消化器内科、一般消化器外科、放射線科、病理診断部、腫瘍センター、内視鏡センター)と共同で消化器クラスターとして行っています。特に一般消化器外科とはメイン病棟を共有し、科を超えた医師同士の速やかな意思疎通を行っています。腫瘍性疾患は、内視鏡治療・外科手術・化学放射線治療まで包括的にクラスターで検討して治療を行っています。
当科の最大の特徴は、全国的に見ても炎症性腸疾患(IBD)の患者さんが非常に多いことです。専門外来は毎日開設され、免疫統括医療センターではリウマチ内科・整形外科・リハビリ科とも連携し、クローン病や潰瘍性大腸炎などの患者さんに対する最先端の治療を行っています。日本もしくは世界で治験中の薬剤だけでなく、生薬や糞便微生物移植法など新たな治療法開発にも精力的に取り組んでいます。臨床的な有効性評価と並行して基礎医学的な研究も行い、根拠ある治療法開発を目指しています。その一方で、5-ASA製剤やステロイド・免疫調節薬などの従来治療も非常に大切にしており、これらの薬剤の効果を最大限に発揮する投与方法の最適化についても熱心に取り組んでいます。
また、潰瘍性大腸炎関連発癌の内視鏡診断において世界をリードする岩男教授、タクロリムスの開発を牽引した緒方教授を始めとして、炎症性腸疾患診療における日本のトップランナーの医師が複数在籍しており、これらの指導者と身近に接することでトップレベルの診療を体感できます。臨床現場では、卒後10-15年目という若手の医師が主力として活躍しているため、若手医師が活躍する機会に恵まれています。
豊富な症例、経験豊富なスタッフ、洗練された従来治療、革新的な治療法に若いうちから接することで、幅広い視野を持ったトップリーダーを育成します。

対象疾患

腫瘍性疾患

大腸がん、悪性リンパ腫、家族性大腸腺腫症、Peutz-Jeghers症候群、GISTなど

非腫瘍性疾患

潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病、過敏性腸症候群、アレルギー性紫斑病に伴う消化管病変、非特異性多発性小腸潰瘍症(CEAS)など

診療実績

炎症性腸疾患外来 (月)~(土) 毎日開設
患者数 潰瘍性大腸炎 約1700人、クローン病 約650人、腸管ベーチェット病 約50人

教育

当科では入局1年目(卒後5年目前後)から内視鏡センターと連携して大腸内視鏡検査枠に配属され、挿入手技を学びます。通常の大腸ポリペクトミーやEMRは1年以内に施行可能なレベルに到達します。症例の質・量ともに豊富なため、すでに大腸内視鏡の手技を習得されている先生でも満足のいく研究が可能です。
炎症性腸疾患の診療は全国から集まる入院患者さん全症例および治療に難渋している外来患者さんについて週1回の症例検討会議を行っています。ここでは、卒後5-8年目の医師が進行役となり、10-15年目の医師が担当医と相談しながら治療方針を決めていきます。さらに20年目以上のベテラン医師も数多く参加しているため、適宜アドバイスを聞きながら、学年に関わらず幅広く症例を経験することができます。当院では、通常の治療戦略だけでなく、難治症例に対する戦略を求められるケースも多いため、1-2年間あれば診療の基礎から最先端まで体感することができます。

研究

消化器内科では、免疫・再生・腫瘍・機能のユニットに分かれて多彩な範囲の研究を行っています。ここではテーマに応じて、肝臓グループや上部消化管グループと共同研究を行い、さらには皮膚科や精神科とも共同研究を行うなど、必要に応じてグループの垣根を超えて双方向性の連携を行っています。 免疫グループでは、腸管免疫の研究で世界的に高い評価を受けている金井教授が牽引して、大きな成果を上げてきました。近年は腸内細菌に領域を広げ、無菌動物飼育施設を新たに設置して、腸管だけでなく多臓器に渡る臓器相関の解明を目指して研究を行っています。
再生グループは、佐藤准教授が開発した幹細胞培養技術(Organoid)がまさに世界的に注目を集めており、この技術を応用した研究を精力的に行っています。炎症性腸疾患などの難治性腸管疾患だけでなく、あらゆる消化器系の臓器や腫瘍モデルなども作成し、解析することによって、発がん機構の解明や治療の有効性予測への活用などを目指しています。 機能グループは、上部消化管グループと共同で腸内細菌から見た機能性疾患の病態解明に取り組むと共に、糞便微生物移植法による機能性疾患治療法開発にも取り組んでいます。 さらに、これまで科学的な検討が加えられることが少なかった生薬を炎症性腸疾患治療に応用することに加えて、その詳細なメカニズムとさらなる臨床応用の可能性についても精力的な検討を進めています。
過敏性腸症候群を代表とする機能性疾患は現在患者数が増えているにも関わらずあまり研究が進んでいない分野です。我々のグループでも免疫や再生分野で培ったノウハウをもとに機能性疾患の研究にも取り組んでいきたいと考えています。

本物の基礎と臨床の橋渡し研究(Translational research)に没頭したい人、炎症性腸疾患の臨床の醍醐味をとことん味わいたい人、興味を1つに絞り切れず幅広い視野で学びたい人、そんな人たちを私たちは待っています!基礎や臨床の各方面でエキスパートとなっているスタッフと豊富な症例があなたを待っています。