胆・膵疾患

 慶應医学の大きな特徴は、一般・消化器外科、放射線診断科や腫瘍センター、内視鏡センター、予防医療センター、免疫統括医療センターなど診療科間の垣根が低いことです。この特徴を最大限に活かし、診療科の枠を超えて各診療科が強固な協力体制のもと、がん、免疫難病、肝不全・肝移植、特殊内視鏡治療など大学病院特有の難治疾患を適切かつ迅速に診断・治療を進めてまいります。

胆・膵疾患

診療の特徴

 消化器内科(胆・膵班)では胆道系疾患、膵疾患を対象とした診療をしております。胆嚢や膵臓の病気は症状が出にくいことから、病状が進んだ状態で発見される傾向があります。また、内視鏡で直接観察のできない臓器であり、体の奥にあることからその診断、治療には高い技術を要し、かつ患者さんに負担をかける検査が多いのが現状です。しかし、最近の胆膵領域における医療、特に内視鏡機器の進歩は目覚ましく、安全で有用な検査が開発されております。当院では最新設備、機器を取り揃えると共に外科および内視鏡センターと協力することで、安全、円滑な内視鏡処置ができるよう十分な体制を整えております。超音波内視鏡を用いた各種診断、治療も積極的におこなっております。胆膵内視鏡領域の世界的な第一人者である東京医科大学・糸井隆夫教授を客員教授として招聘し本領域の強化に努めております。
 肝胆膵移植班カンファレンス、胆膵内視鏡カンファレンスを毎週開催し、治療方針について各専門科医師とともに治療方針を検討しています。当院ではカンファレンスだけでなく内視鏡検査・治療も内科・外科合同で行っており、診断検査から手術まで滞りのない診療を実現しています。また、抗癌剤治療を要する進行癌についても、消化器内科腫瘍班と共同して迅速な確定診断と適切な内視鏡治療を行うことで早期治療介入が可能となっております。一般的な疾患から特殊な疾患、内視鏡治療が難しい場合まで幅広く患者様を積極的に受け入れておりますので、当院での治療をご希望の方は、かかりつけの先生と相談しご紹介いただけますと幸いです。



診療実績

主な診療実績

胆膵班対応の入院患者 400件(2016年度、のべ人数)
内訳 悪性疾患(109件)胆管炎(63件)膵炎(64件)胆嚢炎(37件)乳頭部腫瘍(16件)

主な胆膵内視鏡実績

ERCP.jpg

スタッフと外来診察

胆膵班は消化器内科岩崎栄典、内視鏡センター福原誠一郎、予防医療センター清野隆史および、助教・大学院生にて構成されております。

岩崎栄典(いわさきえいすけ)
2001年 慶應義塾大学医学部卒
2014年 慶應義塾大学医学部消化器内科助教
2016年 慶應義塾大学医学部消化器内科講師
消化器内視鏡学会指導医・専門医、内科学会専門医、消化器病専門医、肝臓専門医
専門領域:胆膵内視鏡治療、画像診断
外来担当:火曜日午前、金曜日午前
コメント:胆膵班の責任者として胆膵領域の様々な疾患の診断・治療および臨床研究に取り組んでいます。特に胆膵領域における内視鏡診断と治療を専門としています。

福原誠一郎(ふくはらせいいちろう)
内視鏡センター・助教
2006年 慶應義塾大学医学部卒
2016年 慶應義塾大学医学部内視鏡センター助教
消化器内視鏡学会専門医、内科学会専門医、消化器病専門医、肝臓専門医
外来担当:月曜日午後
コメント:  胆膵疾患を中心に、消化器全般も幅広く担当しております。

清野隆史(せいのたかし)
2008年 慶應義塾大学医学部卒
2016年 慶應義塾大学医学部消化器内科助教
2017年 慶應義塾大学医学部予防医療センター助教
外来担当:予防医療センター
コメント:超音波内視鏡による診断治療を得意としています。

川崎慎太郎(かわさきしんたろう)
消化器内科・助教
2008年 慶應義塾大学医学部卒
外来担当:水曜日午後
コメント:胆膵疾患を中心とした専門外来です。

 どの曜日に受診いただいても構いません。胆膵疾患専門外来は上記の日程で診療しておりますので、初診予約電話の際に下記医師を事前にご指定いただければ幸いです。紹介状をお持ちになり事前に診察予約のほどお願いいたします。詳しくは慶應義塾大学病院のホームページをご参照ください。
 また、緊急処置や急ぎの転院の相談については直接岩崎(病院代表経由)まで連絡をお願い致します。なるべく迅速に転院・処置が可能なように努力いたします。

対象疾患

1. 胆道系疾患(総胆管結石、化膿性胆管炎、胆石症、胆嚢炎)
 急性胆管炎を含めた急性期疾患に対し、当院では夜間休日も含めて迅速な胆膵内視鏡処置が可能な設備・体制を整えております。他の病院からの緊急処置を要する疾患の転送についても対応可能な高次医療機関となっています。
 急性胆嚢炎については持病や内服薬などで緊急手術ができない患者さんに対して内視鏡を用いた処置(内視鏡的径乳頭的胆嚢ドレナージ術ENGBD)や経皮的な処置(経皮的胆嚢ドレナージ術PTGBD)を担当しております。

2. 悪性胆膵疾患(胆管癌、胆嚢癌、膵癌、膵管内乳頭状粘液腫瘍、十二指腸乳頭部腫瘍)
 消化器内科腫瘍グループ・一般消化器外科・病理学教室・放射線科と相談しながら診断、治療方針を決定しております。とくに胆膵腫瘍については病気に伴う合併症(閉塞性黄疸、十二指腸閉塞、胆嚢炎、胆管炎など)が患者さんの治療や生活に大きな影響が出ます。そのため、内視鏡を用いた適切な対処が非常に重要です。
 膵臓癌については、疑われた時点から治療開始までの期間が短いほど治療成績が良いことが報告されております。組織診断が必要な場合は私どもで一泊二日での超音波内視鏡下生検検査(EUS-FNA)を積極的に行っております。年間100例前後の患者さんに検査をしており、治療方針決定に非常に有用な検査です。
 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)はいわゆる典型的な膵がん(膵管がん)とは異なり、良性から悪性までさまざまな段階で見つかります。一生にわたって症状が現れない方もいますが、長期間の経過を経て膵がんを発症したり、膵炎になったりする方もいるので、定期的な通院をする必要があり、当院でも多数の患者さんが定期的な通院を継続しております(慶應大学KOMPAS)。
 十二指腸乳頭部腫瘍については、内視鏡を用いて病変の範囲と深達度を評価したうえで内視鏡的乳頭切除術(EP)を積極的におこなっています。病状によっては低侵襲治療グループや外科と相談して内視鏡的粘膜切開剥離術、縮小手術による乳頭切除術、開腹膵頭十二指腸切除術などを選択することもあります。

3. 膵疾患(急性膵炎、重症急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵石症、膵膿瘍、膵性オッディ括約筋)
 急性膵炎とくに重症急性膵炎は高度な集学的治療を要する病状です。慶應大学病院では、集中治療管理、持続血液ろ過透析、動注療法を含めて積極的に重症膵炎の治療に取り組んでいます。また、重症膵炎、壊死性膵炎後の膿瘍形成に対する低侵襲な内視鏡治療(超音波内視鏡下瘻孔形成術)もおこなっております。
 膵石症・慢性膵炎は治療の難しい疾患ですが、内視鏡的治療(膵管ステントの挿入膵管拡張、膵管乳頭切開術、副乳頭処置など)とドルニエ社の衝撃波装置を用いたESWLを用いて治療を行っております。膵石治療については各種ガイドラインにそって、「腹痛がある患者さん」「断酒を守れる患者さん」を対象としております。
 自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患 当大学ではリウマチ内科と相談・協力しながら、自己免疫性膵炎の治療に力を入れており、多くの患者さんが通院されています。

入院

 消化器内科、外科の混合病棟(2号館9N病棟、10N病棟、中央棟4N病棟)、個室病棟(2号館10S病棟、3号館6階病棟)、あるいは緊急時にはそれ以外の病棟へ入院いただくこともあります。入院中は消化器内科金井隆典教授以下、病棟長、病棟チーフ、外来主治医、病棟主治医、担当医で対応いたします