慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > 専修医からのアドバイス > 専修医からのアドバイス2017年

専修医からのアドバイス
            

2017年

  1. 「慶應義塾大学医学部内科学教室の魅力」斎藤優樹

バックナンバー

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

専修医からのアドバイス

 私は慶應義塾大学を卒業後、聖路加国際病院での2年間初期臨床研修を行いました。その後内科全般をジェネラルに学びたい、また大学でローテートしてから専門分野を決めたいと考え、本学内科学教室での研修を選択いたしました。
研修1年目に大学病院で研修する慶應スタートコースと研修1年目から出張する連携スタートコースがあります。いずれのコースにおいても慶應義塾大学病院あるいは関連病院の優れた指導医の先生方のご指導を受け、様々な症例を経験できますが、慶應スタートコースの特徴として、大学病院で全内科をローテートするため、より専門性の高い症例を経験する事ができるという点があると思います。例えば、消化器内科ではIBD、PBC、PSC、様々な悪性腫瘍などの症例を経験させていただき、循環器内科では肺高血圧症や心筋症などの疾患を経験させていただきました。専門性が高い分、ローテートする専修医が主体的に判断する場面は限られていますが、研修医の時に見ていたcommon diseaseとは違う疾患を経験できた事は良い経験であったと思います。また、自分が一生関わっていく診療科・専門分野を決めるうえで、専門性の高い症例・治療を見てから決める事が出来るのは大きいと思います。私は悩んだ末に消化器内科に進みましたが、大学でのローテートをしたからこそ、消化器内科の魅力に気づく事が出来たと考えています。
研修医の先生方は、自分がどういう医師になりたいのか、あるいは何を専門にしていけばよいのか、など将来に不安や漠然とした心配をもっている先生も多いかと思います。慶應義塾大学内科学教室に入局し、様々な考え方や専門分野を持つ指導医の先生方に御指導いただく中で、あるいは高い志を持つ仲間と切磋琢磨する中で、きっと自分なりの道が見えてくるのではないかと思います。僕たちと一緒に働いてみませんか?                            

斎藤優樹

TOPへ戻る