慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > 専修医からのアドバイス > 2014年

専修医からのアドバイス

2014年

  1. 「恵まれた環境で内科医としての一歩を踏み出しませんか」平本 尚子さん
  2. 「全科ローテートで得られたこと」眞鍋 維志君
  3. 「やっぱり内科へ入って良かった」武田 果林さん

バックナンバー

2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

恵まれた環境で内科医としての一歩を踏み出しませんか

 私は日本大学出身ですが、初期臨床研修の2年間を慶應義塾大学病院で過ごした後に内科学教室に入局しました。初期研修ですでに慶應病院が大変恵まれた環境であることはわかっていたため、そのまま入局することには迷いはありませんでした。
 私が慶應義塾大学病院で研修しようと思った理由は、優れた教育機関に身をおいて、医師として歩んでいく上での揺るぎない基盤を築きたいと思ったからです。どの科にも日本でトップクラスの先生方がいらっしゃることでカンファレンスや勉強会が充実しており、また多くの素晴らしい先生方のもとで学べることは、慶應義塾大学病院ならではだと思います。
 将来進みたいと思っている科以外の科もすべてローテートすることに最初は抵抗がありましたが、その科をローテートしなければわからなかったであろう知識を沢山得ることができ、今後内科医として歩んでいく上で必要な1年間であったと今は感じています。また、毎週関連病院の一般内科で外来診療を行うことで、自分の責任において診断、治療していくことも経験できたことはとても有意義でした。
 そして、各科の多くの先生方と知り合えたことは、今後の大きな財産になりました。困ったときにすぐ先生方に相談や質問がしやすい環境であるため、内科医1年目としてはとても恵まれていると思います。さらに、楽しいときも辛いときも、同じ時間を共有する同期がいることは大きな支えになりました。来年度は1年間出張病院での研修となり、私にとって慶應大学病院以外に出るのは初めてで不安でいっぱいですが、成長して帰ってきたいと思っています。
 他大学出身でも躊躇することは何もありません。このような恵まれた環境で、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

平本 尚子さん

TOPへ戻る

全科ローテートで得られたこと

 私は学生の頃からgeneralistに憧れて内科学に進む道を選んでおり、初期臨床研修を終えて何となく各内科の漠然的なイメージがつき、自分が将来進む内科も幾つかに絞っていました。しかし、いざ、大学で7つの科をローテートしてみると自分のそのイメージが如何に実際と乖離していたかを思い知らされたように思います。骨髄移植患者の管理の難しさ/やりがい、予想のつかない病態を神経所見から局在診断していく楽しさ、血管カテーテルの最新治療への驚き、腹膜透析を含めた腎不全患者の管理、膠原病治療に対する生物学的製剤選択の専門性の高さなどなど挙げればきりがないです。このような全科ローテートを経験して、各内科の魅力を再認識できたように思います。 そして、それは初期臨床研修の時と比較して臨床に慣れて病態を少しでも考える余裕が出来たこと、大学病院という特殊な環境で働けたことに寄与すると思います。
 その他、大学病院で全科ローテートして良かった点として、自分と同じ道の10年以上先を行く先生方と仕事が出来きて自分の将来像がイメージしやすかったこと、各内科の市中病院との違いを比較できたこと、将来自分が所属する医局の雰囲気をみられたこと、各科の先生とつながりが生まれたことなどがあったと思います。
 これまでは医者3年目で慶應内科学教室に入局する人はもれなく1年間全科ローテートをしてきたわけですが、ご存知の通り、来年から様々なローテート方式が誕生します。前例が少ないためこれから入局する人は情報が少ない中どのローテートを選択するか非常に悩まれると思います。どのローテートが良いというわけではありませんが、将来generalに診療が出来るようになりたい方、少しでも将来の専門科を悩まれている方には全科ローテートがお勧めです。長い医者人生の中で1、2年間だけ専門科の勉強が遅れたとしてもさほど問題ではないように思います。
 各科の魅力に惹かれて、自分の将来進む内科の選択肢が振り出しに戻ってしまった私は来年の出張病院でじっくり考える予定です。駄文ですが、私のこの文章が後輩達のローテート選択の一助となれれば幸いです。将来同じ医療現場で働ける日を楽しみにしています。

眞鍋 維志君

やっぱり内科へ入って良かった

 私は初期研修を慶應義塾大学病院で研修し、内科学教室へ入局しました。学生のときは内科に進むことは全く考えていませんでした。しかし、初期研修で慶應の内科を周り多くの先生に出会ったことや内科で一番患者さんと接したことが印象強く、内科を選びました。
 慶應義塾大学内科の特徴の1つ目は同期が多いことです。同期が30人近くいるため、知り合いも増え、また優秀な同期からの刺激が多く勉強になります。2つ目は全科ローテートです。外来では様々な症状の患者さんが来るため幅広い知識が必要になると、この1年間で実感しました。研修医の時に研修できなかった科も多く、診療をしていて不安もありましたが、各科ローテートすることで多くのことを経験し勉強をすることができました。大学病院ではカンファレンスも多いため準備も大変ですが、担当以外の症例から学ぶことも多いです。また各科の指導医の先生と知り合い、相談しやすい環境であることも魅力の1つであると思います。
 専修医になり、病棟以外の業務も増え忙しくなりましたが、学ぶことも多く充実した研修生活を送ることができています。入るまでは内科へ行くかかなり迷いがありましたが、全く後悔はしていません。来年は市中病院で1年間研修し手技含め様々なことを学び大学病院へ戻ってくる予定です。
 現在はローテート制度に加え専門コースと選択肢が増え、科が決まっている人、決まっていない人にも対応できるようになっています。少しでも内科を考えている方は是非内科へ来てみてください。一緒に勉強していきましょう。

武田 果林さん