慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > 専修医からのアドバイス > 2008年

専修医からのアドバイス

2008年

  1. 「最高の環境で知識を整理し、新しいものの見方を身につけることができました」 小川 理絵さん
  2. 「泥臭い内科医を目指して」 山口 慎太郎君
  3. 「よし、内科に決めた!」 田中 久美子さん
  4. 「世界に通ずる慶應医学」 田中 希宇人君

バックナンバー

2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

最高の環境で知識を整理し、新しいものの見方を身につけることができました

小川 理絵さん (内科専修医)

 私は、初期臨床研修の2年間を川崎市立川崎病院で学んだ後、母校である慶應義塾大学の内科学教室に入局しました。2年間、一般病院で学んだ後に大学病院で研修を行えたことは、非常に有意義であったと考えています。
 慶應のプログラムの大きな特徴は、内科の各専門科を全科ローテートするということです。現在の初期臨床研修での内科研修期間は、最短でも6ヶ月ですが、一般内科の知識を網羅するには短すぎるのではないかと思います。私は、自分の専門を決める前に、まず内科医として幅広い知識を身に付けたい、という希望があったため、初期研修では勉強できなかった科も含めて全科ローテートできたことは非常に有意義でした。4年目に関連病院への出張をすることでさらに一般内科医としての能力を高めることができますし、早く専門の勉強を始めたい方は4年目で大学院に進学する、という自由な選択ができるところも魅力だと思います。
 また、医師3年目という段階で大学病院での高度医療に触れることができたのは、とても良いタイミングであったと考えています。大学病院では、担当する患者さんの人数は一般病院と比べて若干少ないと思いますが、指導医や病棟チーフの先生などとのディスカッションを重ねながら、個々の症例を深く、丁寧に検討する姿勢が身に付きます。また、症例カンファレンスや研修医向けの講義も各科で活発に行われており、少しずつではありますが各分野での最先端の医療、コンセンサスを学ぶことができます。初期臨床研修を通して基礎的な知識を蓄えた後の1年間、このような環境の中で学んだことで、自分の知識が整理され、様々な面で新しいものの見方・考え方ができるようになりました。
 素晴らしい先生方に囲まれ、皆さんもきっと自分の成長を感じ取れる日々を過ごせることと思います。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。

小川 理絵さん (内科専修医)

TOPへ戻る

泥臭い内科医を目指して

山口 慎太郎君 (内科専修医、ベストレジデント賞受賞者)

 まもなく慶應大学病院での1年間の専修医としての生活が終わります。優柔不断な自分は、なんとなく慶應での初期研修を選び、1年目は上野にある永寿総合病院、2年目は慶應病院で研修しました。1年目の永寿総合病院は下町情緒満載で、70歳台はまだまだ若手といった状況でした。人生を強く生き抜いてきた方からの「ありがとう」、「先生も体に気をつけるんだよ」という優しい言葉は、今でも胸に残っています。自分が演歌好きなこともあり、4人部屋の入院患者さん全員と北島三郎の「函館の女」を一緒に歌ったこともありました。医療って、もしかしたら楽しいのかもしれないなと思った初期研修1年目でした。初期研修2年目からは慶應病院で研修をしておりますが、内科専修医として研修に励んだこの1年間は楽しいこと辛いこと色々なことがありました。内科全科をローテートして、一般的な内科医としての素養を身につけることは、重要なことだと思います。各科に尊敬できる先輩方がいて、直接指導を受けられるというのは、間違いなく贅沢な環境です。その一方で、5週間や10週間で指導医が変わり、配属病棟が変わるというのは少々目まぐるしい様に思いました。慣れた頃には次の科に配属というような感じでした。指導が手厚い分、指導医から言われたことを漫然とこなしていると真の力がつきません。評論家になることなく自分が責任ある主治医として、どのように診断と治療方針を決めればよいのかという視点で、指導医の先生と話しあっていくことが重要だと感じました。また慶應病院では初期研修医と内科専修医が横並びで研修しており、自分も悩みましたがしっかり違いを自覚し、この1年間を独り立ちに備えて自分で考える訓練期間と設定して生活していくことが大切だと思います。1年間辛い事、悔しいこともあると思いますが、お酒をのみ愚痴をこぼし合える同期や先輩が慶應の内科には沢山います。少々慣れて油断していた時に、指導医の先生から自分の存在がいかに小さいものか、もう一度しっかり認識しなさいと言われた時は、眼が覚めるような想いでした。
 今、僕ら同期は4月から関連病院に出向します。患者さんと正面から向き合い、自分で考え、自分で責任を取る医師になりたいと思います。慶應大学の内科には多くの優秀で尊敬できる先輩方がいて、愚痴を言い合い信頼できる仲間がいます。困っている多くの患者さんがいます。新しい時代に向けて、私たちの世代が変えていくべき事も沢山あるように思います。是非一緒に、泥臭くも楽しい内科医としての生活を過ごしましょう!

山口 慎太郎君 (内科専修医、ベストレジデント賞受賞者)

TOPへ戻る

よし、内科に決めた!

田中 久美子さん (内科専修医)

 「初期研修の2年間は、早かったなぁ。やっぱ内科が一番患者さんと長く付き合えるという意味では楽しかったかな。でも1年目の選択を含めて内科と接してないから感覚忘れちゃったし、他大学出身(私は浜松医科大学出身)の内科入局希望者少ないって言うし怖いな。皮膚科も興味深いし、○○先生皮膚科で充実してそうだったなぁ。あ、でも、△△先生が慶應内科は研修医のときにローテートできなかった科もすべて研修できて勉強になるって言ってたっけ。内科は大変で忙しいっていう人もいたなぁ。将来的には、結婚・出産したいしなぁ。内科だと両立難しいのかしら。いや、でも、最終的には自分の好きな科、興味のある科を選ばないと後悔するし。やっぱり、患者さん一人ひとりと、長く向き合って、その人全体を診るには内科かな。それに考えたら、私、循環器も血液も消化器も、診たことない。このままだと不安だなぁ。よし、内科に決ーめた!」とこんな風に色々迷って考えて(?)私は慶應の内科に入局しました。まだローテートしていない内科のあった私にとって、最初の1年ですべての内科をローテートするシステムは非常にありがたかったです。どの科でも大学ならではの専門性の高い知識を持った多くの先生方にご指導いただいたことに感謝していますし、内科同期の皆にも非常に支えになってもらった専修医生活でした。私は初期研修の2年間も慶應でしたが、やはり内科に入って改めて内科をローテートすると、自分の意識も違いますし、周囲の先生方からもより親身に接していただき、充実した専修医生活を送ることができたと思います。
 私は4月から初めて市中病院に出張します。慶應内科で1年間すべての内科を研修したことを自分の自信として、次の1年に活かしていけたらと思います。進路を迷う方もいらっしゃるかと思いますが、私は慶應内科に入局して本当に良かったと思っています。

田中 久美子さん (内科専修医)

TOPへ戻る

世界に通ずる慶應医学

田中 希宇人君 (内科専修医)

 私は慶應義塾大学を卒業し、初期研修を慶應病院で過ごし、引き続き3年目の後期研修も大学病院の内科で勉強しました。大学病院での研修は病気の種類に偏りが出たりとか症例数が少なかったりとかマイナスのイメージを持たれがちですが、それ以上のプラスの面があるため自信を持って慶應病院内科での後期研修を勧める事ができます。慶應病院の内科を強く勧める点は大きく3つあると考えます。1つは多くの先生です。様々な先生と出会う事ができ、各分野の専門の手技や知識を学べると共に、先輩、後輩問わず自分の手本としたいと思えるような考え方や姿勢を日々実感する事ができます。2つ目は多くの同期です。同期の研修医は慶應出身の先生、他大学出身の先生や地方出身の先生を含め、男女関係なくみんな心強いです。困った時も、辛い時も一人で悩む事はまずありません。自分と同じ立場の友がいる事はとても大事で、多くの仲間がいたからこそ今の自分がいると思っています。3つ目は多くの学生です。大学病院は教育病院であり、たくさんの学生もローテートします。特に内科では、学生は自分の研修している科に合わせてピンポイントでとてもよく勉強してくるので、自分も負けないように陰で勉強したり、丁寧にカルテを書いたりします。自分も数年前は学生であり、緊張して病棟実習を送っていることは知っているので、優しく、時に厳しい研修医生活をも見せる事も大切だと考えています。慶應病院の良い点を書き始めたらきりがないですが、私は3年間を大学病院で過ごしてきた今でも、医師となってからのこの期間に全く後悔はないと思っています。大学病院ならではの臨床、研究、教育という異なる視点から世界に通ずる医療の現場を目の当たりにしてみては如何でしょうか。そして自分自身、多くの仲間と共に働き、勉強し、時に遊ぶ事ができる日々を楽しみにしています。

田中 希宇人君 (内科専修医)