慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > 専修医からのアドバイス

専修医からのアドバイス
 

2018年

  1. 「専修医からのアドバイス」高岡初誉 君

バックナンバー

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

専修医からのアドバイス

 研修1年目に大学病院で研修する慶應スタートコースと研修1年目から出張する連携スタートコースがあります。慶應スタートコースの特徴として、大学病院で全内科をローテートするため、確立された指導体制のもと、非常に幅広い多くの疾患を網羅的に経験することができます。common diseaseのマネジメントはもちろん、大学病院ならではの専門性の高い診療を学ぶことができ内科診療の基礎を確実に作ることができます。経験できる症例の豊富さ、そしてロールモデルとなる多くの先輩方と出会えること、そこに大学の慶應スタートコースで学ぶ意義や強みがあると私は思います。私は内科全般における総合的な診療能力を磨きたい、内科医である以上generalistでありたい、という思いが強くあり、慶應スタートコースを選択しました。 この一年を振り返ると、大変充実した研修であったと強く感じると共に、4年目に向けて非常に良いスタートを切ることができたと思っています。また、自分が一生関わっていく診療科・専門分野を決める上で、専門性の高い症例・治療を見てから決める事が出来るのも大きいと思います。generalな内科診療ができるようになりたい方、専門とする診療科を少しでも悩んでいる方は大学での慶應スタートコースを強くお勧めします。是非、皆さんと将来同じ現場で働ける日を楽しみにしています。                            

高岡初誉

TOPへ戻る