慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > 内科専修医座談会

内科専修医座談会

平成25年度座談会平成21年度座談会平成20年度座談会平成19年度座談会平成18年度座談会

参加者:

伊東 大介

(内科研修担当主任)

片山 正

(東邦大学卒、初期研修先:東京歯科大学市川総合病院)

橋田 里妙

(高知大学卒、初期研修先:慶應義塾大学病院)

村上 理恵

(慶應義塾大学卒、初期研修先:横浜市立市民病院)

田野崎 翔

(慶應義塾大卒、初期研修先:さいたま市立病院)

馬島 恭子

(東海大卒、初期研修先:慶應義塾大学病院)

伊東:

本日は当院内科専修医1年目を終了した5人の先生にお集まりいただきました。まずは自己紹介からお願いします。出身大学、初期研修先そして後期研修として慶應内科を選んだ理由などを教えて下さい。

片山:

出身大学は東邦大学で、初期研修は東京歯科大学市川総合病院で行っていました。私は以前から内科を志望していましたが、母校に戻るか、他の病院の医局へ入局するかは迷っていました。東京歯科大学市川総合病院には慶應病院出身の先生が数多くいて、慶應病院の医療水準の高さや、熱意をもった先生方がたくさんいらっしゃることを実感し、慶應病院を選択しました。

伊東:

他大学出身の仲間が多いのも慶應内科の特徴ですね。橋田先生は高知大学出身で初期研修先も慶應病院でしたが、慶應を選ばれたのはなぜですか?

橋田:

橋田

私は血液内科志望で、慶應の血液内科に入局したいと考えていたので初期研修から慶應病院を選びました。慶應の血液内科は、血幹細胞移植と化学療法の両方を行っていること、研究だけではなく臨床にも力を入れているところに惹かれました。

伊東:

なるほど、橋田先生は初期研修医の時から進みたい専門分野がかなりはっきりしていたのですね。慶應内科に入局された方には、入局時から専門分野が見えている人もいますが、まだ専門を決めかねていて全科ローテートと関連病院出向の2年間でゆっくり決める人も多数います。
田野崎先生は、慶應卒ですが初期は市中病院でしたが、市中病院と大学病院での研修違いをどのように感じましたか?

田野崎:

私はさいたま市立病院で初期研修してから慶應大学内科学教室に入局しました。市中病院の研修はよく言われるように実践型の研修であり、教科書で学ぶことはもちろんですが実際に症例を経験して、手技を実践して臨床能力を高める研修であると思います。一方、大学病院には内科の中でもあらゆる分野にエキスパートの先生がおられるので、専門的な知識をたくさん吸収できる場が提供されていると思います。教授回診においても身体所見の取り方・解釈など、学生時代とはまた違った視点から勉強することができました。

伊東:

村上先生は、慶應の内科後期研修の特徴はどこにあるとお考えですか

村上:

村上

初期研修を終えるとすぐに専門分野へ進む道が一般的だと思いますが、初期研修2年間の中では内科全般を診る能力を身につけるには充分ではないと思います。当教室の後期研修ではモチベーションの高い優秀な同期とともに、日本の医療ををリードする指導医の下で、大学病院の豊富な情報リソースを活用して、一人ひとりの患者さんに対して最適な治療を、evidenceを含めて学ぶことができます。
また大学病院でしか経験することのできない希少な疾患も数多く見ることができ幅広い疾患を経験できることが魅力だと思います。

伊東:

全診療科をローテートすることにより多彩な症例を経験することができことは内科認定医取得には極めて有利ですね。また、各診療科のほとんどの専門医取得が最短で取れるのも魅力です。
馬島先生は、内科専修医1年目終了し来年から内科大学院に進まれますが、どのような将来像をおもちですか?

馬島:

市中病院で経験を積むのも重要なので、どうしようかと迷ったのですが、結局早く専門の科に入って、研究に携わっていくことを選びました。神経変性疾患に興味を持っているのですが、市中の病院では症例が少ないというのも理由の1つです。今後は、専門分野で少しでも治療の進歩に役に立てるような研究ができたらと思っています。

伊東:

確実に学位を取りたい、できるだけ早い時期から研究に携わりたい人は、大学院に入る選択肢もあります。当大学では、後期研修1年目からいつでも大学院に入学できまし、奨学金のサポートも充実しています。
慶應では、各診療科で専門医からのクルズス、カンファレンスなどが頻繁に行われていますが、この1年間で学会発表をする専修医もたくさんいたと思います。学会発表の経験を教えてください。

馬島:

馬島

神経内科ローテート中に受け持った症例を、日本神経学会の地方会で症例報告させていただきました。専門の先生方の前で発表をするのは、準備も大変でしたし当日も大変緊張しましたが、非常に良い経験でした。

橋田:

造血幹細胞学会で症例発表をする機会を頂きました。

伊東:

両先生ともかなり専門性の高い学会での発表を経験されたのですね。これはその後の臨床研究にも大きなキャリアになることでしょう。
つぎに、重要な給与面はいかがでしたか。慶應では収入をサポートするため、外来研修もかねて教育関連病院での外勤を専修医の先生方にお願いしています。外勤についてはどう思われましたか。

片山:

片山

給与と外勤についてですが、外勤先では初診外来と救急外来を担当しました。様々な症例を経験できるとともに、困った時には上の先生に相談できる環境が整っていました。初めての外来で、最初は不安も多かったですが、この一年間でかなり成長できたと思います。給与は慶應病院からだけではなく、外勤先からも給付されるので、充分な額だと思います。

伊東:

最後の大学院に進まれる馬島先生以外の4人の方は、後期研修2年目に教育関連病院に内科医として1年間出向し、その後の専門を決めて慶応病院の各診療科に帰室することとなりますが、今後のビジョンを教えて下さい。

片山:

志望科は消化器内科です。実家が開業しているということもあり、専門領域に特化した能力はもちろんのこと、総合的診療能力をもった医師を目指しています。専門医を習得し、臨床経験を十分に積んだ上で、将来的には実家を継いでいこうと考えています。

橋田:

後期研修2年目は市中病院へ出向しますが、できるだけ幅広い分野の勉強をしたいと思います。そして総合的診療能力を持った血液専門医になりたいです。

田野崎:

田野崎

後期研修2年目は国立病院機構埼玉病院で1年間循環器内科で研修する予定です。内科学教室に入局した理由の一つに研究もありますので、臨床能力を磨きながら研究にも挑戦してみたいと思います。

村上:

今後は専門医の取得を含め、自分の専門知識を深めていきたいと思います。
しかし近年高齢化が進み、一人の患者さんが抱える問題がひとつではないことが多く、後期研修で得た知識をいかし患者さんをgeneralにも診られる医師を目指したいと思います。

伊東:

皆さん頼もしい将来像をおもちですね。これからも是非活躍して慶應内科の魅了を世界に広めてください。今日は忙しいところありがとうございました。

集合写真
(撮影:伊達悠岳)