慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > キャリアデザイン

キャリアデザイン

慶應の内科専修医コースに参加していただければ、私たちは先生方の知識と腕に磨きをかけ、明るい未来につなげます。慶應大学の内科の先輩達は、各大学、市中病院、研究機関、企業、官公庁など広い分野でリーダーとして活躍し、日本の医療の発展に尽くしています。海外で臨床医、研究医として活躍している医師も数多くいます。将来像をイメージしやすいように、各診療科の広報担当者に勧誘文を書いてもらいました。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。下記のコンテンツをお楽しみください。

循環器内科呼吸器内科消化器内科神経内科血液内科リウマチ内科
腎臓・内分泌・代謝内科老年内科

循環器内科へようこそ

講師 香坂 俊

循環器内科の進歩

現在の医療界にあって、循環器内科がスター的分野であることに異論を挟む人は少なかろうと思う。当科の医師たちを見ても、その決断の早さ、治療介入のスピードは素晴らしく、特に心臓の侵襲的検査、PCIやAblationといった治療手技(それぞれ年間400件程度を施行)、正確な心機能評価に関してはプロの技を感じる。しかも、現代の循環器内科分野には豊富なエビデンスが蓄積されており、泣く子も黙る各種のガイドラインも整備され、それが目を通す間もないほど頻繁にアップデートされる。

どんな研修を望むか?

こうした背景を踏まえて、若き医師達が何を目的に循環器内科研修を行うかということを考えてみたい。誰しも最初から自由自在にカテを扱えるスーパ循環器内科医であったわけではなく、そうした超専門的な分野のみに特化した研修が優れた研修であるというわけでもない。ある分野の専門医療と総合医療の分化が進んだ中で最高の医療を提供するには、「自分でも出来る」と考えることではなく、「よりよく出来る人がいるならその人の意見を尊重し、patient-centerで議論する」ことではないだろうか。

研修内容

当科では絶え間なく進歩する循環器分野の診療技術を身につけてもらうために、3-4年間を通じて、病棟(>12months)、カテーテル班(>4months)、不整脈班(4months)、心機能班(4months)を系統的にローテートし、早期からそれぞれの分野におけるState-of-Artに集中的に触れる機会を設ける。さらに、早期からのHands-onを心がけており、どの分野でも専門研修の後期(卒後7~8年目)に入った専修医が中軸を担って診療を行っている。そして、週を通じて行われるカンファレンス(外科合同カンファ、新入院カンファ、臨床講義、症例カンファ)や回診(チーフ回診、教授回診)を通じて各々の考えをフィードバックすることに最重点をおくようにしている。

最後に

何を望んで研修をするかは人それぞれであるが、現代医療のスペシャリストというのは、チーム医療の一員であることは何人にも否定出来ない。慶応義塾大学の循環器内科は最良の形で若い医師を育てることができるように努力を常に行っており、若手の医師が常に最前線に立ち、それをサポートする体制を整えている。また、研修中とはいえ、専修医が初期研修医や学生にとっても最も身近で良きロールモデルであって欲しいというのも当科の願いである。こうした、循環器各分野からの教え教えられという有機的なネットーワークが、当科の研修システムを支えていると言えるだろう。

当診療科出身者が活躍する主な施設

済生会宇都宮病院、足利赤十字病院、さいたま市立病院、国立病院機構埼玉病院、防衛医科大学、東京都済生会中央病院、東京歯科大学市川総合病院、東京医療センター、北里研究所病院、東京電力病院、稲城市立病院、国家公務員共済組合連合会 立川病院、永寿総合病院、国際医療福祉大学三田病院、杏林大学医学部、日本鋼管病院、川崎市立川崎病院、川崎市立井田病院、けいゆう病院、横浜市立市民病院、平塚市民病院、伊勢原協同病院、厚生労働省

循環器内科HP:http://cardioweb.cpnet.med.keio.ac.jp/

講師 香坂 俊

TOPへ戻る

呼吸器内科へようこそ

日野市立病院 君塚 善文

 呼吸器内科医が診る領域は、 感染症、免疫アレルギー疾患、 腫瘍、集中治療、慢性疾患と多様です。 まさに医療を必要とする人々の命を支えるオールラウンダーとしての活躍が期待されています。そのために、 呼吸器内科でのトレーニング期間(3年)で大学病院ならではの多様な症例を担当するとともに、呼吸器内科各領域のスペシャリストから系統だった指導を受けます。 修了後には全員が呼吸器専門医とがん治療認定医の資格を取得し、さらに内視鏡、アレルギー、臨床腫瘍、感染症などの専門医を目指すことになります。慶應の医局で総合的な研鑽を積んだ皆さんは、どのような臨床現場でも強く望まれ、活躍できる呼吸器内科医となるはずです。研究者としてのキャリアを目指して、 4年間の臨床系大学院生として入局する選択肢もありますし、大学院生でなくても全員が臨床に即した研究テーマに取り組むことができます。研究は学位取得のためだけでなく、 俯瞰的な視点・考え方を身につけることにつながり、臨床医としてもプラスになります。学位取得後の海外の研究機関への留学も研究だけでなく、 新しい文化や環境に触れ、 人生の大きな糧を得られることと思います。現在は10名以上の先輩達が主に米国の一流大学に留学中です。 私たちが呼吸器内科医として担う責任は重いものですが、 それだけに充実した日々を過ごしています。 熱い情熱と真摯さを持つ皆さん。 私たちと共に切磋琢磨して、いい仕事をしましょう。

呼吸器内科HP:http://www.keio-med.jp/pulmonary/index.html

日野市立病院 君塚 善文

TOPへ戻る

消化器内科へようこそ

講師 久松 理一

 私の場合、医学部を卒業したあと内科学教室に入局し内科研修医として医師生活をスタートしました。学生時代から"医者らしい医者になりたい"という漠然とした目標がありましたから全身を診ることができる内科医になることに全く抵抗はありませんでした。慶應大学病院での2年間の内科研修は今振り返っても内容が濃かったと思います。なかでも4ヶ月間の伊勢慶應病院での研修はIVHなどの手技も可能でしたし、自分で外来を持つこともできましたので素晴らしい経験だったと思います。さらに3年目は伊勢慶應病院に、4年目は埼玉社会保険病院に出張し臨床経験を積みました。どちらの病院でもとてもハードに、でも楽しく研修したことを思い出します。自分の専門を選ぶときには手技のあるところがいいなぁと思っていました。なかでも出張中に胃カメラや大腸鏡を教わったときの楽しさは格別でした。また消化器内科の臓器と病気の多さも魅力的でした。こうして消化器内科医の道を選ぶことになったのですが内視鏡に興味があったので炎症性腸疾患グループに入れて頂きました。このときの渡辺 守先生(現 東京医科歯科大学教授)の厳しい面接は忘れられません(研究を全く知らないのにp53遺伝子のことを聞かれました・・)。はじめて日比先生が炎症性腸疾患外来を開設したときに横についたのも覚えています。特に潰瘍性大腸炎に対するシクロスポリン療法の第1例を経験したのがその後の道を決めたような気がします。2年間の大学生活では研究にも携わることができました。潰瘍性大腸炎からの発癌に関する遺伝子を探索する仕事でしたが数年かけてCancer Researchという雑誌に投稿することができました(のちの私の学位論文です)。その後、消化器内科専門医として東京歯科大学市川総合病院に勤務し、緊急内視鏡などのスキルを磨くと同時に炎症性腸疾患外来も開設させてもらい充実した日々を過ごしました。このまま臨床医としての道を突き進むかと思った矢先、縁あってハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院Daniel Podolsky教授のもとに留学することになりました。家族も留学生活をとても楽しんだようです。留学生活の成果は、3papers & 1kidでした。帰国後は消化器内科のスタッフとして臨床・研究に携わるかたわら研修担当主任を拝命し、いかに慶應内科の良さを多くの人に知ってもらうかに力を注ぎました。
 こうしてみると当初の予想とは大きく異なる人生を歩んでおりますが、それぞれのポイントで重要だったのは"直感"と"縁"でしょうか?『重要な選択をするときほど直感で選ぶ』というのは私の信条になっています。後輩の先生方にもぜひ先入観を捨てていろいろなことにチャレンジして欲しいと思います。

消化器内科HP:http://www.keio-med.jp/gastro/

講師 久松 理一

TOPへ戻る

神経内科へようこそ

教授 鈴木 則宏

 後期臨床研修終了後は、当研究室にて学位取得のための研究と神経内科専門医取得のため臨床に研鑽を積んでいただきます。さらに、サブスペシャリティーとして6つの専門研修コース(脳卒中、頭痛、神経変性疾患、神経免疫、認知症)を選択し、各専門チームの診療、研究に参加します。当研究室の教育システムにより、神経内科専門医、脳卒中専門医、頭痛専門医、認知症専門医の取得することが可能です。

 学位、専門医取得後は海外留学する機会があたえられ、北米を中心に世界的評価の高い大学、研究所に2-3年滞在し研究を発展させることができます。多くの当研究室出身者が、当大学以外に、富山大学、東海大学、埼玉医科大学、岩手医科大学、広島大学、北里大学などのアカデミックポジションで活躍されておられます。また関連病院は下記のごとく関東の中核病院を中心に多岐にわたり、当研究室OB が院長、内科部長などの要職を務めており、わが国の神経内科学の医療と研究の発展に中心的な役割をはたしています。

当診療科出身者が活躍する主な施設

東京都済生会中央病院、済生会宇都宮病院、足利赤十字病院、静岡赤十字病院 、水戸赤十字病院、さいたま市立病院、川崎市立川崎病院、済生会横浜市東部病院、静岡市立清水病院、東京医療センター、箱根病院 、稲城市立病院、立川共済病院、永寿総合病院、聖母病院、東京電力病院、北里研究所病院、美原記念病院、冨田病院

神経内科HP:http://www.keio-med.jp/neurology/index.html

教授 鈴木 則宏

TOPへ戻る

血液内科へようこそ

大学院医学研究科 博士課程 小野 友佳子

 私は平成19年に慶應義塾大学内科学教室へ入局し、大学でのローテート研修、関連病院への出張を経て、血液内科の勉強をしています。大学病院での1年間の研修終了後の関連病院への出張では、主治医として外来診療から入院、検査まで担当しました。同期の仲間達と別れ、大学病院とは異なり独立して診療にあたるという環境に不安や戸惑いもありましたが、関連病院の先生方の温かい御指導のもと一般内科医として充実した研修を送ることができ、自信につながりました。血液内科の医局には専修医コースに所属しながら、専門医取得を目指して腕を磨いている先輩と後輩が沢山います。私は臨床研修を行う中で基礎研究への興味を持ち始めたという経緯もあり、卒後5年目に大学院に進学しました。昨年は臨床研究において国際学会や国内学会での発表の機会を与えていただいたり、また、勉強会・臨床研究のミーティングや医局旅行といったイベントがあったりと、医局の良い雰囲気・環境の中、専門性を追求した研修を積んでいます。基礎研究は始めたばかりですが、新しい視点で疾患や病態をとらえることができ、非常に新鮮な毎日です。慶應内科のプログラムは一般内科医としてのトレーニングを積むことができるのはもちろんのこと、専門科へ進んだ後も臨床・研究双方において先生方の期待ややる気に応えることのできる恵まれた環境があります。多くの熱心な指導医の先生方、同僚に囲まれ充実した研修を送ることができると思います。ぜひ皆様の入局をお待ちしています!

当診療科出身者が活躍する主な施設

埼玉医科大学、杏林大学、慶應義塾大学、国際医療福祉大学、自治医科大学、東海大学、東京歯科大学市川総合病院、東京大学、東京大学医科学研究所、早稲田大学、永寿総合病院、けいゆう病院、国立病院機構東京医療センター、済生会宇都宮病院、山王病院、東京都済生会中央病院、東京電力病院、立川病院、東京都健康長寿医療センター、横浜市立市民病院、医薬品医療機器総合機構(順不同)

血液内科HP:http://www.keio-hematology.jp/

大学院医学研究科 博士課程 小野 友佳子

TOPへ戻る

リウマチ内科へようこそ

リウマチ内科教授 竹内 勤

 後期臨床研修が修了し、日本リウマチ学会専門医や学位を取得した後は、以下の様なキャリアデザインが考えられる。

  • 留学を経てさらに研究のキャリアを重ね、physician scientistとして自立
  • 関連病院へ出向しさらに臨床の研修を積み、リウマチ膠原病医として自立
  • 開業し地域医療に貢献
  • 製薬企業でメディカルドクターとして研究開発・マーケティングに携わる
  • 官庁で医療行政に携わる
  • 産業医として労働者の健康管理を行う

当教室出身者の多くは、海外留学を経て研究を進展させ、本学、北里大学、埼玉医科大学、東京歯科大学、東京大学、東邦大学、東海大学、聖マリアンナ大学、藤田保健衛生大学、名古屋市立大学、京都大学、University of Floridaなど様々なアカデミックポジションで活躍している。また、地域の中隔となる市中病院でリウマチ膠原病診療に携わるOB/OGや、リウマチ膠原病学を通じて全身を幅広く診るトレーニングを積み、generalistとして地域医療に貢献するOB/OGも多い。生物学的製剤などを中心とした分子標的免疫治療が医薬品マーケットにおいて重要性を増す中、リウマチ膠原病医は製薬業界でのニーズも高くなっている。他にも、医系技官や産業医として活躍している教室出身者もいる。このように、当教室は将来様々な分野で活躍する人材の育成に注力している。

当診療科出身者が活躍する主な施設

北里研究所メディカルセンター病院、埼玉医科大学総合医療センター、東京歯科大学市川総合病院、練馬総合病院、東武練馬中央病院、都立大塚病院、PL東京健康管理センター、宮内庁病院、山王病院、東京大学医科学研究所附属病院、国立病院機構 東京医療センター、東邦大学医療センター 大森病院、東邦大学医療センター、大橋病院、東京都立荏原病院、東海大学医学部、聖マリアンナ医科大学医学部、川崎市立川崎病院、川崎市立井田病院、社会福祉法人聖テレジア会、聖ヨゼフ病院、医療法人社団白寿会、田名病院、藤田保健衛生大学医学部、名古屋市立大学大学院医学研究科、京都大学大学院医学研究科、池田市立池田病院、医療法人圭良会、永生病院、日本生命保険相互会社、エーザイ株式会社、University of Florida(順不同)

リウマチ内科HP:http://www.keio-rheum.jp/

リウマチ内科教授 竹内 勤

TOPへ戻る

腎臓・内分泌・代謝内科へようこそ

慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター  助教 東 宏一郎

 私は2001年(卒後5年目)に腎臓・内分泌・代謝内科に入り、2004年からは米国ピッツバーグ大学へ留学する機会をいただきました。留学中は筋肉のミトコンドリア機能を中心に糖尿病・肥満者に対する運動療法の効果について学び、帰国後、埼玉社会保険病院で糖尿病の臨床・研究を行う中で運動療法・予防医学への興味がさらに膨らみ、伊藤 裕教授のご推薦で現在はスポーツ医学総合センターでお世話になっています。「スポーツ医学を学問に」すべく、また「運動」や「筋肉ミトコンドリア」をキーワードに腎臓・内分泌・代謝内科の先生方と非常に密接に連携して診療・研究をさせていただいております。振りかえってみると、現在までに本当に多くの優秀かつ心温かい先生方から公私にわたりご指導いただき、卒業当時は漠然としていた自分が本当にやりたいことが徐々に明確になった気がします。腎臓・内分泌・代謝内科プログラムには、自然と自分のやりたいことがみつけられ、見つけた専門をのばし、活かしていける素晴らしい環境が用意されていると思います。また、大学内では、各領域のエキスパートの先生方が密接に連携して診療・教育・研究にあたられているため、多くの専門知識・考え方を初期に効率よく学ぶことができ、さらに関連病院・開業の先生方とも密接に連携しています。生活習慣病は対象領域・人口がとても大きく、生涯にわたり柔軟に専門性を高めていける分野だと思います。是非、腎臓・内分泌・代謝内科で自分に磨きをかけて下さい。

腎臓・内分泌・代謝内科HP:http://www.keio-emn.jp/

慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター  助教 東 宏一郎

TOPへ戻る

老年内科

老年内科は「総合診療科」に名称変更いたしました(平成26年4月1日)。