慶應義塾大学医学部内科学教室 > 内科専修医募集 > ベストレジデント賞 New

ベストレジデント賞 New

2017年度ベストレジデント賞

2017bestresident20180618.jpg

撮影:神田 武志

斎藤 優樹君

この度は、ベストレジデント賞に選出いただき、大変光栄に思います。ご指導いただきました先生方に深く感謝を申し上げます。全ての内科をローテートし、様々な疾患の患者さんを診させていただいた事は貴重な経験であり、自らの内科医としての基礎となるものでした。出会った全ての患者さんへの感謝の思いを胸に、益々精進して参ります。更なるご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2016年度ベストレジデント賞

2016bestresident20180219.JPG

撮影:川田 一郎

篠﨑 太郎君

「この度はベストレジデント賞を頂き、大変嬉しく思います。内科全科をローテートし、非常に多くの幅広い症例を経験させて頂きました。 そして、尊敬する先生方と共に第一線で診療にあたることができ、大変有意義な一年間でした。この貴重な経験を活かし、今後多くの患者様の力になれるよう、日々精進を重ねて参りたいと思います。何卒どうぞ宜しくお願い致します。」

2015年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2016)

2016bestresident.JPG

撮影:田野﨑 貴絵

髙梨 敏史君

「この度はベストレジデント賞をいただき、大変嬉しくかつ光栄に思います。1年間の内科ローテートは非常に有意義で、 内科医として生きていく上でかけがえのない財産となりました。今後とも感謝、努力、そして初心を忘れず、少しでも社会に貢献できるよう日々精進して参りたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。」

2014年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2015)

2014 best resident.JPG

撮影:山本 恒久

佐々木 貴紀君

「この度はベストレジデント賞を頂き大変嬉しく思います。 昨年各内科をローテートし、第一線で活躍される先生方の医療や考えを間近で学ぶことができたのは大変貴重な経験であったと感じております。 今後自分自身も医療の発展、また多くの方々の力になることができるよう精進して参りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。」

2013年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2014)

長谷川 哲雄君

撮影:谷本 陽子

長谷川 哲雄君

「この度はベストレジデント賞を頂き、大変嬉しくかつ光栄に思います。「内科は一つ」の理念のもと大学でローテートし、多くの尊敬する先生方と出会えたこの一年間は、 私にとって貴重な財産であります。御指導頂いた先生方に深く感謝申し上げると共に、今後益々精進して参りたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。」

2012年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2013)

武井 裕史君

武井 裕史君

「今回ベストレジデント賞をいただき大変光栄に思っております。 1年間ローテートさせていただいた経験をもとに、現在は川崎市立川崎病院に出向中です。
さらに成長して大学病院に戻れるよう研鑽を積みたいと思います 。」

2011年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2012)

杉本 真也君

杉本 真也君

「ベストレジデント賞をいただき感謝しております。現在横浜市立市民病院へ出向中です。また来年、慶應病院に戻りますので、よろしくお願いします。」

2010年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2011)

松坂 雅子さん

松坂 雅子さん

「一年間、専修医として内科をローテーションさせていただきました。どの科でも大変親身にご指導いただきありがとうございました。
今年度は公立福生病院に出張し、また来年には大学病院に戻るのを楽しみにしています。」

岸野 喜一君

撮影:伊達悠岳

岸野 喜一君

「このたびはベストレジデント賞をいただき、光栄です。この受賞をモチベーションに一層の研さんに励みます。
来年度、もっと成長して大学病院に戻ってきたいと思います。」

2009年度ベストレジデント賞(Resident of the Year 2010)

國冨 晃君

國冨 晃君

ベストレジデント賞を國冨 晃君が受賞しました。