HOME >  スタッフ紹介 -スタッフインタビュー- >  助教 正木 克宜

スタッフ紹介 -スタッフインタビュー-

助教 正木 克宜

正木 克宜

略歴

2007年  慶應義塾大学医学部卒
2007年  慶應義塾大学病院 初期臨床研修医
2009年  慶應義塾大学医学部 内科学教室 後期研修医
2010年  静岡赤十字病院 内科
2011年  慶應義塾大学大学院 医学研究科博士課程 入学
慶應義塾大学医学部 呼吸器内科 助教(専修医)
2015年  慶應義塾大学大学院 医学研究科博士課程 卒業
済生会宇都宮病院 呼吸器内科 医員
2018年  英国・Guy's & St Thomas' Hospital アレルギー科 臨床研修
2019年  慶應義塾大学医学部 呼吸器内科 助教

医局内には呼吸器疾患と周辺領域に関する様々な分野のエキスパートが集まっています。

慶應呼吸器内科を選んだ理由:

慶応呼吸器内科で行っている研究は、基礎研究から臨床研究まで様々ですが、すべての研究は「日常臨床での疑問にどのように答えるか」ということを原点にしています。
慶応呼吸器内科であれば、診療ガイドラインの元となるようなエビデンス構築に直接携わることができるのではないかと考えました。

また、医局内には呼吸器疾患と周辺領域に関する様々な分野のエキスパートが集まっています。
私は気管支喘息を専門分野にしていますが、その検査・治療を深く理解し、実践するには広い視野が必要です。例えば、アレルギー疾患の分子的なメカニズムを掘り下げたり、呼吸機能検査を深く解釈したり、禁煙支援の実践を学んだりといったようなことです。
慶応呼吸器内科にそれぞれ異なる分野のエキスパートが集まっており、勉強や研究計画立案をする中で多くのスタッフに相談に乗ってもらうことができます。

呼吸器内科に入ってよかったと感じること、お勧めできること:

慶応呼吸器内科は他の臨床系・基礎系の教室やベンチャー企業などと共同で様々な研究を行っています。
私は今まで皮膚科学教室や医療アプリベンチャーなどと組んで研究をしましたが、他の教室や機関と力を合わせて研究を行うことで自分が予想もしていなかったような人的交流や学術成果が生まれることがあると実感しています。
今後も他の診療科や理工系・薬学系の教室・企業と組んだ研究を行っていこうと考えています。

将来の夢・目指す医師像、あるいは今後の目標:

呼吸器・アレルギーを得意分野とした総合診療医でありたいと考えます。
気管支喘息はアレルギー疾患の一部であり、軽症・重症問わずに体全体のアレルギー反応の一つの表現系として喘息症状が出ている患者さんが多いです。例えば花粉症を含むアレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどはよく合併する疾患として知られています。私は耳鼻咽喉科医や皮膚科医ではないので、各臓器の専門的な治療までは手を出すべきではないですが、内科医としてその患者さんの中で何が起きているかを俯瞰し、総合的な判断ができる呼吸器科医・アレルギー科医を目指しています。

医学生・研修医・若手の医師へ:

まずはチームで一緒になって臨床や研究に取り組みましょう。気がついたら自分の中に独自性のある得意分野が自然と構築されているはずです。すると次に、その独自性がチームに生かされます。そんな好循環を一緒に作り上げていけたらと素晴らしいと思います!


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.