HOME >  What's New >  国際学会報告~世界肺癌学会:WCLC2023~

What's New

国際学会報告~世界肺癌学会:WCLC2023~

国際学会報告~世界肺癌学会:WCLC2023~

 

令和5年9月9日~12日に世界肺癌学会(WCLC2023)がシンガポールで開催されました。当院からは3演題(Posterが1演題、ePosterが2演題)を発表しました。COVID-19の世界的流行により、大学院生が初めて参加する海外学会となりました。

 

 WCLC2023は肺癌研究者にとって、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、米国癌学会(AACR)、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)などと並ぶ主要な国際学会です。会場についてみると、その熱気や規模に圧倒されました。

 

今年のWCLCでも、重要な発表が多くなされました。まず、TNM分類の第9版が発表されました。N2がN2a/N2bに、M1cがM1c1/M1c2に分かれます。膨大な患者データベースの予後解析をもとに、肺癌の解剖学的分類がさらに細分化されました。次に、"The Next Tsunami"と題されたセッションで、抗体薬物複合体(ADC)の試験結果が多数発表されました(HERTHENA-Lung01、EVOKE-02、TROPION-Lung04など)。plenary session(全員参加セッション)と見紛うほど多くの聴衆が、スライドをスマホで撮影し、興奮冷めやらぬままSNSで発信していました。その他、周術期の化学療法や、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)耐性化についてなど、ホットトピックが目白押しでした。

 

 COVID-19パンデミック以降、ウェブ配信の充実により、現地に足を運ばずとも国際学会の内容を学び取りやすい環境ができあがってきています。一方で、ついさっき聴いた発表について他国の研究者と議論することは現地でのみ得られる経験でした。また、その場の盛り上がりや景色とともに、エピソード記憶として刻まれた研究もありました。

 

 最後にシンガポールについて少し振り返ります。飛行機で7時間半かかるものの、時差が1時間しかなく、体への負担は最小限でした。マリーナベイサンズ以外にも独特の形でそびえ立つ建物が多く目を引きました。地震が起きないからだそうです。また、小林慧悟先生のご案内で、National Cancer Centre Singaporeも見学させていただきました。充実の研究設備を目にしながら、シンガポールの医療や研究の実際を教えていただき、得難い体験となりました。

 

 また晴れの舞台に臨めるよう、日々の研究に邁進していきます。貴重な機会をありがとうございました。

 

文責:木下雄仁


トピックス

  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2024 Keio University Hospital. All rights reserved.