HOME >  最新情報 >  国際学会報告~第111回米国胸部疾患学会:ATS 2015~

最新情報

国際学会報告~第111回米国胸部疾患学会:ATS 2015~

図1.png

この度、2015年5月15日から20日にデンバーで開催された第111回米国胸部疾患学会(ATS)に参加しました。ATSは非常に多岐に渡る呼吸器の分野において、世界最大規模の学会です。留学されている先生方を含め数多くの医局員が集まりました。会場はポスター会場を含め非常に広く、閲覧して回るのも一苦労でした。自分の研究に直結し応用できそうなものから、スケールの違いに圧倒されるものまであり、数多くの刺激を受けることができました。遺伝学的手法を用い、より疾患の本質に迫る研究が多いことが印象的でした。初めての国際学会の参加でしたが、より広い世界を体感することで、どのような研究で世界と勝負ができるのかを強く意識するようになりました。また学会中には多くの素晴らしい先生方と接する機会があり、貴重な時間を過ごすことができました。この経験を活かし、日々研鑽を積んでいきます。 

朝倉 崇徳


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2007 Keio University Hospital. All rights reserved.