HOME >  新入局員の声 >  茂松 梨咲

新入局員の声

茂松 梨咲

茂松 梨咲

略歴

2017年3月  埼玉医科大学学部 卒業
2017年4月  さいたま市立病院 初期研修医
2018年4月  慶應義塾大学病院 初期研修医
2019年4月  慶應義塾大学病院 呼吸器内科 入局
2019年4月  東京都済生会中央病院 総合内科
2020年4月  川崎市立川崎病院 総合内科
2021年4月  慶應義塾大学 医学部呼吸器内科

女性医師も多く、働き方やキャリアなどを考えていく上でも十分な環境だと思います。

慶應呼吸器内科を選んだ理由:

腫瘍、アレルギー、感染症、免疫など疾患が多岐にわたり、呼吸器疾患を幅広く見ることのできる、また各分野のエキスパートから学べるそんな魅力的な慶應義塾大学病院の呼吸器内科の入局に魅了されて決めました。呼吸器内科の先生方は物腰柔らかで、懐が深い先生方ばかりで相談しやすい点はもちろん、臨床や研究に強い使命感と責任感、情熱を持って取り組まれている姿に憧れを抱き、いつかは自分も諸先生方のようなそんな医師となれるように精進しております。

入ってよかったこと、お勧めできること:

先輩方が大変熱心に指導してくださり、親身に相談に乗っていただけで、とても働きやすい環境です。自由度も高く、個人の考えや思いを尊重して臨床や研究に臨める医局だと思います。今年度もそうですが、女性医師も多く、働き方やキャリアなどを考えていく上でも十分な環境だと思います。

将来の夢・目指す医師像:

呼吸器内科の疾患に対する専門的な知識を深めながら、内科医として、患者さん一人一人に、また患者さんの家族も含めて、寄り添うことのできる医師になれたらと思っています。

医学生・研修医・若手の医師へ:

呼吸器内科は慶應義塾大学の他科からも評判になるほど、雰囲気の良さは抜群です!ぜひ一度この雰囲気を味わっていただけたらと思います。


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.