HOME >  新入局員の声 >  松山 笑子

新入局員の声

松山 笑子

松山 笑子

略歴

2017年3月  佐賀大学医学部 卒業
2017年4月  国家公務員共済組合連合会立川病院 初期研修
2019年4月  国家公務員共済組合連合会立川病院 一般内科
2020年4月  国立病院機構 東京医療センター 呼吸器科
2021年4月  慶應義塾大学 医学部 呼吸器内科

日々、やりがいを感じながら楽しく診療をする事ができる診療科です

慶應呼吸器内科を選んだ理由:

私は研修医時代に、患者さんはもちろん、他診療科からも頼られる内科の先生方の姿を見て、内科を目指すようになりました。内科の中でどの診療科に進むか悩んでおりましたが、良性疾患から悪性疾患、急性期から慢性期まで幅広い診療分野を持つバランスのとれている事に魅力を感じ、呼吸器内科を選択しました。関連病院で研修していた事もあり、慶應呼吸器内科の先生方にはご指導頂く機会が多く、医局の雰囲気も良い事が入局の決め手になりました。

入ってよかったこと、お勧めできること:

いつでも相談しやすく、困った時は同期や先輩が助けてくれる環境です。お互いに支え合い、切磋琢磨しながら呼吸器疾患を学ぶ事ができます。

将来の夢・目指す医師像:

患者さんの疾患だけではなく、患者さんやご家族にも寄り添った診療をしたいと考えております。

医学生・研修医・若手の医師へ:

日々、やりがいを感じながら楽しく診療をする事ができる診療科です。皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。少しでもご興味のある方は是非、見学にお越しください。


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.