HOME >  新入局員の声 >  加治 正憲

新入局員の声

加治 正憲

加治 正憲

略歴

2016年3月  香川大学医学部 卒業
2016年4月  国立病院機構東京医療センター 初期研修医
2018年4月  国立病院機構東京医療センター 呼吸器科
2021年4月  慶應義塾大学 医学部呼吸器内科

高度な臨床だけでなく、基礎・臨床研究などの機会も多く用意されているので、目指す医師像に向けて努力していくにあたって最高の環境だと思います。

慶應呼吸器内科を選んだ理由:

初期および後期研修でお世話になった慶應義塾大学の関連病院で、ロールモデルとなる先生に指導いただいた経験から、入局を希望しました。

入ってよかったこと、お勧めできること:

高度な臨床だけでなく、基礎・臨床研究などの機会も多く用意されているので、目指す医師像に向けて努力していくにあたって最高の環境だと思います。
また、オーベンの先輩だけでなくスタッフの先生も相談しやすく、風通しの良い雰囲気があります。

将来の夢・目指す医師像:

常に知識、技術の取得に努めて適切な医療を提供するとともに、患者さんの気持ちに寄り添った医療を行うことができる臨床医を目指しています。

医学生・研修医・若手の医師へ:

医師として成長するためには、尊敬できる先輩から指導を受け、優秀な同期と切磋琢磨することが必要不可欠だと思います。その点で慶應義塾大学呼吸器内科は最高の環境だと思います。ぜひ一人でも多くの先生に入局して頂き、一緒に頑張りましょう。


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.