HOME >  新入局員の声

新入局員の声

新入局員の声

<01>浅岡 雅人

浅岡 雅人

入局する前より入局した後になって、より一層呼吸器内科を選んでよかったと思える医局だと思います。

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 呼吸器内科では持病という形でつきあっていく必要のある、いわゆる慢性疾患にお悩みの患者様の診療に携わることが多くあります。 そのため、患者様の細かな体調の変化を、お話や診察 ...

詳細を見る

<02>岡田 真彦

岡田 真彦

慶應呼吸器内科なら、楽しく、しっかりと呼吸器疾患を学ぶことができ、呼吸器疾患を通して内科学、そして医学を学ぶことができます

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 感染症、アレルギー、免疫学、腫瘍学と数々の分野が揃っているのが呼吸器疾患であり、呼吸器疾患を通して全身を診ることができると思い、呼吸器内科を選択しました。慶應呼吸器内科の ...

詳細を見る

<03>阿瀬川 周平

阿瀬川 周平

ただ臨床するだけでは得られない医師としての深みを増してくれる環境なのだとひしひしと感じております

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 学生時代から内科を志しておりましたが、慶應義塾大学医学部内の自主学習というカリキュラムにおいて、呼吸器内科の先生方にご指導いただく機会があり、臨床・研究ともに情熱と探求心 ...

詳細を見る

<04>大竹 史朗

大竹 史朗

研究と臨床のバランスという観点から各々の先輩に各々のスタンスが見受けられ、自分自身である程度自由をもって決められるという点も魅力的であると考えます

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 研修医の頃から内科を志しており、内科の中でどの科を選択するかに迷っていましたが、慶應呼吸器内科のアットホームな雰囲気が決め手となり入局を決めました。 入ってよかったこと、 ...

詳細を見る

<05>齋藤 彩夏

齋藤 彩夏

若手を含めた医局員の働き方の改善を常に考えてくださるため、日々の診療に時間を割くことができると思います

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 呼吸器内科は、感染症、アレルギー、悪性腫瘍など幅広い分野を扱い、また慢性期から急性期まで携わることができる点でとても魅力的だと思いました。また難治性肺炎の治療や気管支鏡検 ...

詳細を見る

<06>笹原 広太郎

笹原 広太郎

医局員が皆優しく、どんなことでも相談しやすい雰囲気です

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 感染症、悪性疾患、アレルギー性疾患、急性疾患、慢性疾患などを幅広く疾患を扱う診療科としての特性に惹かれました。また医局の雰囲気がフレンドリーなところも魅力的でした。 入っ ...

詳細を見る

<07>冨保 紗希

冨保 紗希

女性医師の立場で見て、家庭と仕事を両立しキャリアを積まれている先生も多く励みになります

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 初期研修病院で呼吸器内科を研修した際、急性疾患から慢性疾患、緩和医療まで患者さんの人生に深く関われることに魅力を感じ呼吸器内科を選択しました。 ご指導いただいた慶應大学呼 ...

詳細を見る

<08>中川原 賢亮

中川原 賢亮

大学病院でしか経験できない稀少疾患の診療や高度な検査、治療、最新の臨床試験に携わることができ、多くの同期と切磋琢磨しながら医師として、人間として成長することができる環境です

慶應呼吸器内科を選んだ理由: 私は学生の頃から繰り返し自然気胸を発症した既往があり、呼吸器領域に漠然とした関心を抱いておりました。加えて学生、研修医の間に様々な呼吸器疾患の患者さんを診させていただく中 ...

詳細を見る


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 慶應で肺がん診療をお考えの方へ
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.