HOME >  論文要旨 >  当科 中村守男先生らの論文がRespir Med Case Repに掲載されました

論文要旨

当科 中村守男先生らの論文がRespir Med Case Repに掲載されました

題名

A Case of Hyperprogressive Disease following Atezolizumab Therapy for Pulmonary Pleomorphic Carcinoma with Epidermal Growth Factor Receptor Mutation

邦題

EGFR変異を有する肺多形癌に対してAtezolizumab療法を施行後、Hyperprogressive Diseaseの経過を呈した1例

著者

Tomoyo Oguri 1, 2, Shinji Sasada 1, Sachiko Seki 1, Saori Murata 1, Yumi Tsuchiya 1, Kota Ishioka 1, Saeko Takahashi 1, Reishi Seki 3, Shigemichi Hirose 3, Ryohei Katayama 4, Morio Nakamura 1

1. Department of Respiratory Medicine, Tokyo Saiseikai Central Hospital, Tokyo, Japan.

2. Department of Clinical Oncology, St. Marianna University School of Medicine, Japan.

3. Department of Diagnostic Pathology, Tokyo Saiseikai Central Hospital, Tokyo, Japan.

4. Division of Experimental Chemotherapy, Cancer Chemotherapy Center, Japanese Foundation for Cancer Research, Japan.

掲載ジャーナル

Respir Med Case Rep 2021; 33: 101405.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33868915/

論文要旨

症例は喫煙歴のない66歳男性。右下葉多形性癌Stage IVと診断され、EGFR遺伝子L858R変異陽性、PD-L1高発現 (TPS 90%) であった。4次治療としてアテゾリズマブの投与が開始された。投与4日目に心タンポナーデを発症し、さらに両側肺野すりガラス陰影の出現・多発肺転移の増加・増大など急速な進行により投与15日目に死亡した。病理解剖で両側多発肺転移、癌性リンパ管症、癌性心膜炎を認め、アテゾリズマブ投与後のHyperprogressive Disease (HPD) と考えられた。

本論文の与えるインパクトや将来の見通し

免疫チェックポイント阻害薬投与後にHPDを認める例は散見されている。EGFR遺伝子変異を有する肺多形癌に対するアテゾリズマブ治療後に、HPDを発症した初の症例の報告である。

本題の要旨は第117回日本内科学会総会日本内科学会ことはじめ (2020年8月東京) で発表した (演者:関彩千子)。


トピックス

  • 新入局員の声
  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2020 Keio University Hospital. All rights reserved.