HOME >  Achievements >  寺井秀樹講師らの論文がRespir Investigに掲載されました。

Achievements

寺井秀樹講師らの論文がRespir Investigに掲載されました。

【題名】

Comprehensive analysis of long COVID in a Japanese nationwide prospective cohort study

【掲載ジャーナル】

Comprehensive analysis of long COVID in a Japanese nationwide prospective cohort study - PubMed (nih.gov)

【邦題】日本における前向きコホート研究でのコロナ罹患後症状に関する包括的な解析 

【著者】 寺井秀樹 

論文要旨 

研究は日本におけるコロナ罹患後情報を調査することを目的として行われた全国規模の初めての前向きコホート研究である。 

コロナ第1-3波の期間に全国26医療機関で入院し、退院した18歳以上のCOVID-19者を対象として、前向きコホート研究を実施した研究への参加に同意した合計1200人の患者が登録され、診療情報を各施設から、罹患後症状に関する情報は、患者からスマートホンアプリもしくは紙媒体でのアンケートによってした。 

診療情報アンケート結果両方が揃った1066人のデータを解析たところ、少なくとも1つのコロナ罹患後症状を有する患者の割合は、入院中93.9%(1009人中947)から、3か月 46.3%(935人中433)、6か月 40.5%(865人中350)、そして12か月 33.0%(724人中239時間経過とともに減少した。少なくとも1つのコロナ罹患後症状を有する患者は、罹患後症状を認めない患者と比較してQOLが低かったまた、多変量解析の結果、1つでも罹患後症状を有するリスクは、"女性""中年(41-64歳)""酸素需要""挿管もしくはECMOの使用"4つであった。 

 

【本論文の与えるインパクトや将来の見通し】 

日本におけるコロナ罹患後症状の分布とリスクを明らかにした。本研究結果は日本におけるコロナ罹患後症状研究の基盤となるデータであると考えられる。 


トピックス

  • 同門会(要パスワード)
  • アルバム
  • 寄附講座
  • 患者様へ 臨床研究について

page top


Copyright(c) 2024 Keio University Hospital. All rights reserved.