神経免疫グループ Neuroimmunology Group

ニュース



2017.08
.28
[論文発表] 鈴木重明先生を筆頭著者兼責任著者とする英文原著論文 "Nivolumab-related myasthenia gravis with myositis and myocarditis in Japan" がNeurology誌に掲載され、日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞など各紙で報道されました。プレスリリースはこちら
2017.05
.19
[論文発表] 野口恵里先生を筆頭著者とする英文原著論文 "Skeletal muscle involvement in antisynthetase syndrome" がJAMA Neurology誌に受理されました。
2017.05.19
[論文発表] 谷川万里子先生を筆頭著者とする英文原著論文 "q-Space Myelin Map imaging for longitudinal analysis of demyelination and remyelination in multiple sclerosis patients treated with fingolimod: A preliminary study." がJournal of Neurological Sciences誌上に発表されました。
2016.11
.17
[受賞] 鈴木重明先生が「日本神経治療学会学会賞」を受賞されました(治療活動賞:免疫性筋疾患のBest Treatmentをめざした自己抗体測定系の確立)。
2016.11.17
[論文発表] 鈴木重明先生が共著者である英文原著論文 "Pediatric necrotizing myopathy associated with anti-3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A reductase antibodies." がRheumatology誌上に発表されました(掲載日:2016年11月6日)。本論文は日本・中国・台湾の多施設国際共同研究による成果で、本研究 グループで自己抗体の測定を行いました。
2016.09
.08
[論文発表] 鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "HLA-DRB1 allels in immune-mediated necrotizing myopathy" がNeurology誌上に発表されました(掲載日:2016年8月31日)。本論文は東海大学(分子生命科学)との共同研究による成果です。
2016.05
.12
[論文発表] 渡邊由里香先生を筆頭著者、鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "Clinical features and prognosis in anti-SRP and anti-HMGCR necrotising myopathy" がJournal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry (JNNP) 誌上に発表されました(掲載日:2016年5月4日)。
2016.05
.12
[学会発表予定] 第57回日本神経学会学術大会(2016年5月18~21日)において、本グループメンバーが下記の通り研究発表を行います:渡邊由里香先生(口演A- 02-5 [最優秀口演賞候補]・18日)、谷川万里子先生(ポスターPe-059-4・21日)、中原仁先生(講演EC-26-3・20日、講演HT-18-1・ 21日)。また鈴木重明先生がシンポジウム「変貌する炎症性筋疾患の概念」(HT-14・20日)の座長を務めます。
2016.04.07
[その他] 慶應義塾大学医学部神経内科と株式会社コスミックコーポレーションで共同開発した抗SRP抗体と抗HMGCR抗体の受託測定が3月から可能になりました。プレスリリースはこちら(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000012359.html)。
2016.03.02
[論文発表] 中原仁先生が共筆頭著者(co-first author)として執筆した英文原著論文 "Application of q-space diffusion MRI for the visualization of white matter." がThe Journal of Neuroscience誌上に発表されました(掲載日:2016年3月2日)。プレスリリースはこちら(http://www.amed.go.jp/news/release_20160302.htmlhttp://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr000001eldf.html)。
2016.01.28
[研究会] 2016年2月2日、「多発性硬化症と重症筋無力症の外来診療の実際」をテーマに、実践的な研究会が開催され、鈴木重明先生と中原仁先生がそれぞれ講演します。
2016.01.28
[論文発表] 鈴木重明先生と中原仁先生が分担執筆した専門書『Annual Review 2016 神経』が刊行されました(「HMERF(hereditary myopathy with early respiratory failure)」、「多発性硬化症は脱髄疾患か」を分担執筆)。
2015.12.21
[論文発表] 久冨木原健二先生を筆頭著者とする和文総説論文「エビデンスに基づいた多発性硬化症におけるdisease-modifying drugの選択」がMedical Science Digest誌上に発表されました(2015年12月号)。
2015.12.21
[論文発表] 中原仁先生を筆頭著者とする和文総説論文「多発性硬化症の新しい治療目標:NEDA-4」が日本医事新報誌上に発表されました(2015年11月号)。
2015.12.01
[論文発表] 鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "Association between glucocorticoid-induced osteoporosis and myasthenia gravis: A cross-sectional study." が日本骨代謝学会ホームページにて紹介されました(http://www.jsbmr.jp/1st_author/113_ssuzuki.html)。
2015.11.19
[学会発表予定] 鈴木重明先生が、第33回日本神経治療学会にて発表されます(演題番号OD-3-2-15(口演)、発表日:2015年11月28日)。
2015.11.10
[学会発表予定] 中原仁先生が、第33回日本神経治療学会のシンポジウムにて講演されます(発表日:2015年11月27日)。
2015.10.16
[学会発表予定] 鈴木重明先生が、第20回日本神経感染症学会総会・学術大会のシンポジウムにて講演されます(発表日:2015年10月22日)。
2015.10.16
[論文発表] 中原仁先生を筆頭著者とする和文総説論文「注目の新薬:タイサブリ(ナタリズマブ)」が診断と治療誌上に発表されました(2015年10月号)。
2015.10.16
[論文発表] 中原仁先生を筆頭著者とする和文総説論文「インターフェロンβによる多発性硬化症の再発予防」が診断と治療誌上に発表されました(2015年9月号)。
2015.10.16
[学会発表] 鈴木重明先生が、第27回日本神経免疫学会学術集会のシンポジウム、ワークショップ及びイブニングセミナーにて講演されました。(発表日:2015年9月15、16日)。
2015.10.16
[学会発表] 中原仁先生が、第27回日本神経免疫学会学術集会のランチョンセミナーにて講演されました。(発表日:2015年9月16日)。
2015.10.16
[学会発表] 渡邊由里香先生が、第27回日本神経免疫学会学術集会のワークショップにて講演されました。(発表日:2015年9月16日)。
2015.08.18
[論文発表] 鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "Chronic lymphocytic inflammation with pontine perivascular enhancement responsive to steroids (CLIPPERS) after treatment for Hodgkin's lymphoma." が International Journal of Hematology 誌上に発表されました(掲載日:2015年8月5日)。
2015.08.18
[論文発表] 神経免疫疾患の英文原著論文 "Immune-mediated neuropathy with anti-disialosyl IgM antibodies in diffuse large B-cell lymphoma: A case report and literature review." が Internal Medicine 誌上に発表されました(掲載日:2015年7月1日)。
2015.08.18
[新メンバー] 久冨木原健二先生が神経免疫グループのメンバーに加わりました。
2015.08.18
[国際学会発表予定] 中原仁先生の演題が、欧州多発性硬化症治療研究会議(ECTRIMS 2015)の一般演題に受理されました。(筆頭演者:中原仁、発表日:2015年10月8日)。
2015.06.25
[国際シンポジウム発表予定] 谷川万里子先生の演題が、Sendai Conference 2015の一般演題(口演)に受理されました。(筆頭演者:谷川万里子、発表日:2015年7月11日)。
2015.05.14
[論文発表] 鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "Inflammatory myopathy with anti-signal recognition particle antibodies: Case series of 100 patients." が Orphanet Journal of Rare Diseases 誌上に発表されました(掲載日:2015年5月13日)。
2015.05.14
[論文発表] 鈴木重明先生を責任著者とする英文原著論文 "Association between glucocorticoid-induced osteoporosis and myasthenia gravis: A cross-sectional study." が PLoS One 誌上に発表されました(掲載日:2015年5月12日)。
2015.05.01
[国際シンポジウム講演予定] 中原仁先生が、国立精神神経医療研究センター多発性硬化症センター主催の「NCNP神経免疫国際シンポジウム」にて講演致します。(講演日:2015年6月10日)。
2015.04.16
[学会発表予定] 筋炎関連の自己抗体に関する野口恵理先生と渡邊由里香先生の二演題が、第56回日本神経学会学術大会の一般演題に受理されました。(演題番号:P- 30-1、筆頭演者:野口恵理、発表日:2015年5月20日・演題番号:O-34-1、筆頭演者:渡邊由里香、発表日:2015年5月22日)。
2015.04.03
[講演予定] 中原仁先生が、第56回日本神経学会学術大会のイブニングセミナーにて講演します(イブニングセミナー10「MSにおける病態の多様性と個別化治療を目指して」、開催日:2015年5月22日)。
2015.03.26
[学会発表予定] 谷川万里子先生の演題が、第56回日本神経学会学術大会の一般演題に受理されました(演題番号:O-27-1、筆頭演者:谷川万里子、発表日:2015年5月22日)。
2015.03.26
[学会発表] 中原仁先生が、第120回日本解剖学会全国学術集会・第92回日本生理学会大会・合同大会にてシンポジウム発表されました(発表日:2015年3月22日)。

更新情報


2017.08.28
[業績一覧] を更新しました。
2017.05.19
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2016.11.17
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2016.09.08
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2016.05.12
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2016.03.02
[業績一覧] を更新しました。
2016.02.23
[研究紹介(重症筋無力症・炎症性筋疾患)] を更新しました。
2016.01.28
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2015.12.22
[メンバー紹介] を更新しました。
2015.12.21
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2015.11.19
[研究会情報] を更新しました。
2015.11.10
[研究会情報] を更新しました。
2015.10.16
[業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2015.08.18
[メンバー紹介] [業績一覧] [研究会情報] を更新しました。
2015.06.25
[業績一覧] [研究会情報] [多発性硬化症・視神経脊髄炎について] を更新しました。
2015.05.19
[研究会情報] を更新しました。
2015.05.14
[業績一覧] を更新しました。
2015.05.01
[研究会情報] を更新しました。
2015.04.30
[研究会情報] を更新しました。
2015.04.13
[研究会情報] を更新しました。
2015.04.09
[重症筋無力症について] を更新しました。
2015.04.03
[メンバー紹介] を更新しました。
2015.03.26
ホームページを公開しました。