慶應義塾大学医学部内科学教室 > 教室主任のご挨拶

教室主任のご挨拶

新たな内科学の臨床・研究の発展に向けて

慶應義塾大学医学部内科学教室 主任 教授 鈴木則宏

 慶應義塾大学医学部内科学教室は消化器、循環器、呼吸、神経、腎臓内分泌代謝、血液、リウマチの7内科から構成されています。多くの他大学の内科学教室が第1、第2といったいわゆるナンバー制の講座であるのに対し、当教室は臓器別の診療部門をいち早く導入し、しかも内科研修においては全ての内科をローテート研修することで、全ての臓器の病態を把握し全身管理の出来る優れた内科医を多く輩出してきました。この独自の伝統は現在も受け継がれており、豊富な関連病院や研究施設でさらなる臨床研修や研究活動を行うことで、バランスのとれた優秀な内科医を育成する研修カリキュラムを用意しています。特にこれまでの専修医コースに加え、内科各科の専門医への研修を早期から開始できるように、平成26年度から初期研修コース(2年目)に「早期内科研修プログラム」を新たに導入しました。研修意欲、研究意欲、に燃えた多くの若い臨床医たちが集うことを期待しています。そして慶應の内科学教室の仲間として加わっていただき、私達と共にこれからの医学・医療の発展のために力を合わせてがんばって欲しいと願っています。
 内科は全ての患者さんの窓口となる臨床医学の中心であると同時に、医学研究を行う基礎医学と臨床医学の架け橋となる重要な役割も担っています。これは慶應義塾大学医学部を創設された北里柴三郎先生の「基礎医学と臨床医学は一家族の如く」という建学の精神を内科学教室が中心となって実践してきたともいえるでしょう。日常の臨床の場で患者さんを診察している時に、疑問に感じたことを自らの研究によって解き明かし、そしてその研究成果を患者さんに還元するということが内科学の最終的な目標であり、醍醐味でもあります。そのために私達は基礎研究の専門家とも密接に協力しながら、患者さんに最高水準の医療を提供することを目指して日夜努力を重ねています。
 このように当教室は診療・研究・教育いずれの領域においても、日本国内ではもちろんのこと、国際的にもトップレベルの内科学教室であると評価されています。今後も国際的にも競争力のある教室としてさらなる発展を目指していきます。関係各位の皆様には私達の理念や活動をご理解いただき、慶應の内科学教室の発展のために益々のご協力をお願いいたします。


慶應義塾大学医学部内科学教室 主任
教授 鈴木則宏